効果的な看板にするカズ 広島でオフィス引越し/移転 トータルビジネスサポート

効果的な看板にするカズ

期待していた サッカーアジアカップ 日本代表の戦いが、
残念でならなく、日本代表には、いまなおKING カズ こと
三浦 知良 選手が必要だと思っている、TBS 看板担当 近代社 吉川です。

ということで、今回は「カズ」の話、
しかも「カズダンス」の話を
という訳にはいかないと思いますので、
TBSのコラムらしく今回は看板にまつわる
「数(カズ)」について紹介させて頂きます

カズ

 

==0.3、15、3==

今回紹介する「数(カズ)」とはこちら

0.3
15

では、この数字何かというと
0.3:歩行者、運転者の目が一ヶ所にとまっている時間
15:0.3秒で読みとれる文字

どうでしょう、これだけだと
じゃけ、どしたん
(広島弁でだから、どういうことですか)


看板に何の関係があるん?となると思いますが
関係あるんです

より効果的な看板の要素の一つに
瞬間的に理解できること
(他にも、目にとまりやすいこと、デザイン などありますが)
ここに関係してくるんです

もうお気づきだと思いますが
0.3秒(瞬間)で読みとれる(理解できる)文字数15文字
を看板作成の際に意識してもらうことで、より効果的な
憶えてもらいやすい看板に近づくということです。
(ある都市の調査では、印象の良い看板は
1段15文字×2段 までと言う結果も出ています)

ちなみに、YAHOOのトピックの文字数の基本は13
福岡市の都市案内は1段に9文字 以内となってます

15文字 までだと、
あれもこれも記載できないじゃないか!
というお声もあるとは思いますが、
ここで最後に出ていた3が関係してきます


人間の瞬時に憶えられる項目は3つぐらいまでと
言う話もあります。

ですので、色々なことを載せたい
お気持ちは分かりますが

あんまり 欲張り過ぎちゃ
ダメよダメダメ~ ということで

3つの項目
15文字以内をひとつの目安にされて
看板の内容を検討頂いてはいかがでしょうか

ということで、今回は看板にまつわる3つの数字
0.3,15,3 の 紹介をさせて頂きました

以上、ここまで読んで頂きありがとうございました

ビジネスを変えるコラム 更新履歴

▲ページ先頭へ▲